岐阜県美濃加茂市の眼科[ふかがや眼科]一般眼科、眼鏡・コンタクトレンズ処方、白内障、緑内障、眼底疾患、結膜炎、ドライアイ

岐阜県美濃加茂市の眼科[ふかがや眼科] ご相談・ご予約はこちら 0574-25-1103

岐阜県美濃加茂市の眼科[ふかがや眼科]

Q&A

マイボーム腺(瞼板腺)の温湿布とマッサージ (2013.3.1[Fri])
マイボーム腺(瞼板腺)とは、まぶたの縁(皮膚と粘膜の境目)にある皮脂腺です。マイボーム腺からの分泌物は、涙液の油性成分を構成しており、涙液の蒸発を防ぐ働きをしています。アイシャドー、アイライナー、マスカラ、まつ毛エクステなどアイメイクは、直接の眼障害のみならず、マイボーム腺の働きを低下させるので注意してください。

□マイボーム腺(瞼板腺)の温湿布
 
 ドライアイの方、涙道閉塞がないのに涙があふれる(ような感じがする)方、霰粒腫を切らないで様子をみたい方はお試しください。

 市販のホットアイマスク(ドラッグストアなどで購入できます)を使用するか、水で濡らしてきつく絞ったハンドタオルを、電子レンジで1分程度温めたものを使用しても効果的です。まぶたを温めることにより、マイボーム腺からの分泌物の排出を促進させます。回数や時間に決まりはありませんが、1日1回なら夜お休み前がお勧めです。電子レンジを使用の際は、やけどしないように注意してください。

□マイボーム腺(瞼板腺)のマッサージ

 まつ毛の根元にめやにがついている(ようで気になる)方、その他目に不快な症状がある方で、処方された点眼薬で症状が改善しない場合はお試しください。霰粒腫や麦粒腫(めんぼ、ものもらい)を繰り返す方は、症状が落ち着いている間もマッサージを行うと、繰り返しにくくなることが期待できます。押さえると痛みがある間は行わないでください。

 いつも通りの洗顔後に、市販のベビーシャンプー(泡タイプのもので、ベビーソープではないもの)を手のひらに乗せ、利き手の人差し指と中指ですくい、まぶたの縁(睫毛の生え際付近)を目頭から目尻までやさしくマッサージします。ベビーシャンプーは、目に入ってもあまりしみません。時間や力加減に決まりはありませんが、強く圧迫すると眼球だけでなく、脈拍などにも影響しますので注意してください。軽く抑える程度なら問題ありません。終わったらベビーシャンプーを洗い流してください。
外に出ると(風が当たると)涙があふれる? (2012.2.20[Mon])
 涙があふれる理由には、主に目のけがや目の表面に急激な炎症が起きた場合とそうでない場合とに分けられますが、けがや炎症の場合、他の症状(充血、メヤニ、痛みなど)のいくつかを伴っていることが多いので、今回は後者(ただ涙があふれる)について説明します。

 涙は涙腺でつくられます。涙腺は肉眼的に見たり触ったりできません。上まぶたの目尻側の奥の方にあります。涙腺でつくられた涙は眼の表面を覆った後、まばたきによって目頭の上下にある小さな穴(涙点)に吸い込まれ、鼻の奥の粘膜に流れ出ます。泣いた後に鼻水が出ることは誰もが経験のあることと思いますが、このことからも、目と(正確には目頭ですが)鼻が通じていることがお分かりでしょう。

 涙点から鼻の奥に通じている、涙の流れ道(これを涙道といいます)のどこかが狭くなっていたりふさがっていたりしていると、涙があふれます。この場合、涙道にメヤニ(膿)がたまる場合もあり、適切に治療されないと、涙のう炎を発症して目頭が腫れたり痛みが出てくる場合があります。涙道を広げる治療としては、涙道に細い透明なチューブを入れる処置をしたり、ふさがっている場所を内視鏡などを使って広げる手術が必要です。
 
 特にメヤニが出ないような場合は、加齢によりまぶたの張りが弱くなってきて、目の表面を覆った涙が、まばたきによって涙点に吸い込まれる働きが弱くなっている場合のほか、涙があふれるとは逆の症状のように思われますが、ドライアイの場合もあります。まぶたの張りが弱くなっている場合、涙が目尻に流れてきて目尻がただれる、といった症状もよくみられるので、まぶたを挙げる手術や、たるんだまぶたの皮膚を切除する手術をすると症状が改善することがあります。ドライアイでは、涙の量が少なくなっていたり質が悪くなっているため、目の表面がすぐに乾いてしまい、反射として涙を出そうとする働きが起こります。よって実際には涙がたくさん出ているわけではないのに、涙があふれるような症状が起こる場合があります。
まぶたが勝手にピクピクと動くことがあります。 2011.11.26[Sat]
 最近になって結構頻繁に起こるので気になるのですが、放っておいても大丈夫でしょうか?

 まぶたがピクピクと動く原因には、主に次の3つが考えられます。1.左右どちらかのまぶたの一部がピクピクと動くことがあり、「眼瞼ミオキミア」と呼ばれる状態です。健康な人でも過労、睡眠不足、ストレスなどをきっかけに起こることがあり、多くは数日から数ヶ月で治まります。2.顔の左右の片側だけがけいれんして、その側のまぶたが開きにくくなる病気、「顔面けいれん」です。顔面神経が近くを走行する血管によって圧迫されるために起こると考えられています。3.目の周りの筋肉が収縮して目が開けにくくなり、まばたきが上手く出来なくなる病気、「眼瞼けいれん」です。通常両側に起こりますが、左右で程度に差があることもあります。原因不明のことが多く、まばたきをつかさどる神経の働きに異常が起こるためと考えられています。しばらく様子をみて症状が続く場合は、脳外科や眼科などの専門医を受診して、まずは正しく診断してもらいましょう。
(中日新聞中濃版 教えて!ドクターQ&A 過去掲載分改変)
糖尿病なのですが、眼科にかかるように言われました。 (2011.9.23[Fri])
 放っておくと何か問題が出てくるのでしょうか?

 糖尿病ではさまざまな合併症が問題となりますが、その一つが網膜症です。糖尿病患者さんの20〜30%に網膜症を合併していると推測されています。眼はしばしばカメラに例えられますが、網膜はフィルムに相当する部分で、光を感じる神経組織です。糖尿病ではこの網膜に血流障害が起こり、放置すれば失明する場合もあります。糖尿病網膜症は緑内障に次いで日本の中途失明原因の第二位となっており、年間約3000人が失明しています。網膜症は軽症から中等症までは比較的自覚症状に乏しいため、症状が出てから初めて眼科を受診し、すでに重症となっている場合もまれではありません。進行すればレーザー治療や手術が必要となりますが、重症となると手術を行っても視力の回復が困難な場合もあります。糖尿病と診断されたら、症状がなくても眼科を受診し、定期的に眼底検査を受けることが重要です。
(中日新聞中濃版 教えて!ドクターQ&A 過去掲載分改変)
右目の目薬を左目にもさしてもいいのですか? (2011.8.23[Tue])
 片方の眼だけ点眼薬を使用しており、反対の眼には使用していない方や、左右それぞれで異なった点眼薬を使用されている方などから、このような質問を受ける場合があります。
 ほとんどの点眼薬は、長期間でなければ、指示されていない(治療していない)方の眼に点眼しても、まず問題はないでしょう。しかし、必要のない点眼薬の使用は、副作用によって何らか異常をもたらしたり、また、他の点眼薬を使用中の場合は、本来治療に必要な点眼薬の効果を減弱させる可能性もあります。
 「おかしかったから、家にあった目薬をさしてみた」などという経験のある方もいらっしゃると思いますが、異常を感じたら診察を受けて、症状に合った点眼薬を処方してもらいましょう。
急性結膜炎について、どのような症状がありますか? (2011.8.16[Tue])
 急性結膜炎とは、「充血、メヤニ、涙が多い」などの症状で急性に発症する結膜炎の総称で、細菌やウイルス感染、アレルギーなどが主な原因です。特にウイルス感染による結膜炎は、非常に感染力が強いので注意が必要です。原因となるウイルスによって痛み、異物感、まぶしさ、まぶたの腫れや発熱、喉の痛みなどの症状がある場合もあります。上記の症状がある場合はプールには入らず、早めに眼科を受診してください。ウイルス感染による結膜炎と診断されたら医師の許可があるまでは学校を休み、自宅で充分に休養してウイルスに対する抵抗力をつけることが重要です。水泳での感染を予防するために、水泳中はゴーグルを装用するとよいでしょう。水泳後は人工涙液などで洗眼し、タオルは決して他の人と共用しないようにしましょう。また、日頃から外出後は手を石鹸でよく洗う習慣をつけることが大切です。
(中日新聞中濃版 教えて!ドクターQ&A 7月21日掲載)
白内障の手術は進行してからの方がいいでしょうか? (2011.7.25[Mon])
 白内障手術は、この20年で大きく進化しました。嚢内法から嚢外法へ、そして超音波を使用した手術へと進化しました。嚢内法とは、大きな傷口から、水晶体をそのカプセルとともに丸ごと摘出し、数針縫合します。眼内レンズは挿入することができず、手術後にコンタクトレンズが必要でした。嚢外法とは、大きな傷口から、水晶体のカプセルを残してそれ以外を丸ごと摘出し、カプセル内に眼内レンズを挿入して、数針縫合します。いずれも麻酔は球後麻酔(目の下に注射をします)で、入院も当たり前でした。
 このような方法であったのに対し、現在の標準的な手術方法は、3ミリ以下の傷口から、水晶体をカプセルを残してそれ以外を超音波で破砕・吸引し、カプセル内に小さく折り畳んだ眼内レンズを挿入し、縫合もしません。目薬の麻酔のみで、10分少々で終わり、日帰りで可能な手術です。このような手術方法も、器械や器具、眼内レンズの進歩のおかげなのです。
 当然これらの方法で手術後の経過は異なります。かつて嚢内法や嚢外法が主流だった頃、現在の方法よりもはるかに手術中や手術後の合併症も多く、手術後回復に時間がかかり、手術後の見え方の質も今ほど良くなかったため、白内障が相当進行してからしか手術は行いませんでした。技術が進歩した現在では、少し早めに手術を行っても、手術後早期から良好な見え方が期待出来るようになりました。その結果、ここ数年の日本の白内障手術件数は毎年約100万件で、最もありふれた手術となりました。
 しかし、相当進行した白内障の手術は、現在の手術方法では困難で、やはり嚢外法が必要となる場合があります。もう少し早めに手術をしておけばすぐによく見えるようになったのに、放っておいたために手術時間も長くなり、回復にも時間がかかってしまった・・・このようなことにならないよう、適切な時期に手術をされるのがいいと思います。
白内障はまた手術できるのですか? (2011.7.20[Wed])
 白内障手術は、濁った水晶体(レンズ)を取り除き、代わりに人工の眼内レンズを挿入します。基本的に手術は一度しか出来ません。もう一度手術を行わなければならないのは、術中合併症により眼内レンズを入れることが出来なかった場合、術後眼内レンズが眼内に落下した場合、眼内レンズの予想屈折度が大きくずれた場合(近視を予定して遠視となった場合など)、眼内レンズが濁った場合など特殊な場合に限られます。これらはいずれも術前に必ずしも予想や予防出来るとは限らず、手術の失敗とはいえない場合も多々あります。
 術後しばらくの間はよく見えていたのに、その後徐々に視力が低下してきたとすると、後発白内障であるか、眼底(視神経・網膜)に異常がある場合が考えられます。後発白内障の場合は、先にお話した通りレーザーで治療出来ます。眼底の異常の場合は、治療を行っても視力は回復しない場合もあります。
 年齢とともに眼底疾患の頻度も増加します。緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などが代表的です。眼底疾患では白内障手術でレンズを交換するように、視神経や網膜を交換するような手術は出来ません。病気の進行を遅らせたり、勢いを落ち着かせるのが治療の目的となります。これらの病気の早期発見のためにも、白内障手術後しばらく経過した後にも、定期的に検査を受けられるのがいいでしょう。
Powered by HL-imgdiary Ver.3.03

TOP | 診療案内 | 院長・スタッフ紹介 | 医院・設備紹介 | アクセス | Q&A
Copyright (C) 2010 Fukagaya Eye Clinic. All Rights Reserved.